歯軋り対策講座
歯軋り対策講座 > 基礎知識 > 子供の歯ぎしりはいつまで続くのか?

子供の歯ぎしりはいつまで続くのか?

成長段階にある子供は歯が生え変わる過程で歯ぎしりをすることがあります。

さらに、子供の場合は顎も成長しますから、そういったことも子供の歯ぎしりの原因となる場合もあります。

何歳まで続くの?

子供の場合の歯ぎしりはずっと続くというわけではなく、大人になる過程で歯ぎしりをしなくなる場合が多いのが特徴です。しなくなる・・・というのは歯やそのほか身体的に影響を与えるような歯軋りのことです。完全にしなくなるというわけではありません。どんな人でもほんの少し歯ぎしりをしていると言われているからです。

さて、子供の場合ですが、アメリカで行われた調査では3歳から10歳までに歯ぎしりを始めた子供の場合は、13歳までにその半数が歯ぎしりをやめるという結果も出ています。

勿論、誰にでも当てはまるというわけではありません。気になる場合は歯科医師に相談しましょう。

【歯軋り対策グッズ比較】

歯軋り用マウスピース一覧
歯軋りグッズ一覧。それぞれの特徴と選び方について解説しています。

歯軋り用マウスピース
歯軋りグッズ一覧。あなたにあったものを選んで下さい。

基礎知識
実は殆どの人がしていることだってしってました?

原因について
原因について。意外なことが原因になっているのかも・・・。

歯軋りの予防方法
予防するにはどんなことをしたらいいのでしょうか?

対策と治し方
予防方法を勉強したら、今度は治し方にいきましょう。

症状
その他の病気や症状などについても。