歯軋り対策講座
歯軋り対策講座 > 基礎知識 > 歯軋りの症状:頭痛他

歯軋りの症状:頭痛他

歯軋りの症状として分かりやすいのは歯をすりあわせる動作によって歯がかけてきたり、擦れてきたりといったことです。

他にも頭痛や耳の痛み、不眠、不安や緊張、ストレスなども歯軋りの症状になることがあります。

さらには顎の痛みや緊張感も起こることがあります。歯に関しては磨り減ったり、削れたりといったこと以外にも歯の痛み、歯がしみるような痛みなども歯軋りの症状の1つといえるでしょう。

他にも歯がぐらぐらとなってしまったり、被せ物や金属などが取れやすくなったりするケースもあります。

歯軋りの場合、自分自身が歯軋りをしているとは気づき難いものです。そのため、歯軋りの症状が明らかになった頃にやっと何かがおかしい・・・と気づく場合もあります。

上記の歯軋りの症状は一般的なものですが、人によって経験する症状も違います。頭痛がある人もいれば、全く感じない人もいます。

【歯軋り対策グッズ比較】

歯軋り用マウスピース一覧
歯軋りグッズ一覧。それぞれの特徴と選び方について解説しています。

歯軋り用マウスピース
歯軋りグッズ一覧。あなたにあったものを選んで下さい。

基礎知識
実は殆どの人がしていることだってしってました?

原因について
原因について。意外なことが原因になっているのかも・・・。

歯軋りの予防方法
予防するにはどんなことをしたらいいのでしょうか?

対策と治し方
予防方法を勉強したら、今度は治し方にいきましょう。

症状
その他の病気や症状などについても。