歯軋り対策講座

歯ぎしりくん | 歯ぎしり用マウスピース

歯ぎしり用マウスピースとして一番よく知られているのがこの歯ぎしりくんかも知れません。筆者も1セット持っていますので使用感などをレポートしたいと思います。

まずセット内容ですが、マウスピース(歯ぎしりくん)と専用のケース、それからサーモチェッカーが付属しています。(セット内容はその都度変更になることがあります。)

最後のサーモチェッカーは歯ぎしりくん(マウスピース)をお湯につけて自分用にカスタマイズする際につかいます。お湯の温度計ですね。このサーモチェッカーでお湯の温度を適温にしてから、歯ぎしりくんをお湯に浸け、その後に口にはめて自分用に形を整えてゆきます。

マウスピースですが、小型設計になっています。奥歯にだけマウスピースが当たるようになっています。↓の写真のように白い部分を上にして口にはめます。

↓は横からみた歯ぎしりくんです。

使わない時は専用の小型ケースにしまっておきます。

歯ぎしりくんの特徴は:

・違和感をなくすためにコンパクトな設計
・下の奥歯にはめるだけ
・抗菌加工のケースが付いているので持ち運びに便利
・お湯に浸すだけで自分用にカスタマイズできる

といった利点があります。何より歯ぎしり用に開発されていますので安心して使えるのも嬉しい点ではあります。

ただ、筆者も使用してみて感じたのが、最初はゴムを噛んだ感覚に違和感を覚える点でしょうか。これも慣れの問題ではあるかも知れません。私の場合は数日で慣れました。コツはまず寝る時ではなくて、その前にしてみて慣れてゆくことです。

それから前歯の後ろに当たるマウスピースの部分が気になる場合は少し削ってあげてもいいかも知れません。

最初は違和感がありますが、それでも歯ぎしりが与える歯へのダメージや周りへの迷惑などを考えると、一度使ってみる価値はあると思います。

歯ぎしりくんを使用した上で歯ぎしりをしようと思っても、ゴムに歯が当たるような音がするだけで一緒に寝ている家族が起きるというのは私の場合はありませんでした。歯の調子もいいようです。

歯ぎしりが心配という人にはおすすめですね。

歯ぎしりくん

 

 

 


1位 ドクターズナイトガード
2位 スリープライト
3位 歯ぎしりくん
4位 オーラルトゥースガード
5位 ソムノガード

歯軋り用マウスピース
歯軋りグッズ一覧。あなたにあったものを選んで下さい。

基礎知識
実は殆どの人がしていることだってしってました?

原因について
原因について。意外なことが原因になっているのかも・・・。

歯軋りの予防方法
予防するにはどんなことをしたらいいのでしょうか?

対策と治し方
予防方法を勉強したら、今度は治し方にいきましょう。

症状
その他の病気や症状などについても。