歯軋り対策講座
歯軋り対策講座 > 歯軋りの治し方や対策 > 歯軋りを防止させる5つの方法

歯軋りを防止させる5つの方法

歯軋りを防止させるために日頃から気をつけたいことがあります。歯軋りといってもその原因は人によって様々です。ですので、まずはその原因と予防方法、歯軋りを防止するための対策などを1つ1つ見てゆきましょう。

歯軋りを防止させるために気をつけたいことは:

1.アルコール

お酒、特に寝酒は歯軋りを悪化させる原因となることがあります。どうしても飲みたいという場合は食事中に飲むこと。食後はお酒を控えるようにすることです。

2.カフェイン

カフェインも夕食以降は飲まないようにするといいでしょう。睡眠にも影響を与えることになります。

3.ガム

日中ガムをよく噛む習慣のある人はガムを一時的にやめてみるのも1つの方法です。それだけでは歯軋りを防止することにつながらないかも知れませんが、ガムを噛む癖が歯軋りの原因となっていることもあります。

4.噛みしめる癖

日中に歯をかみしめる癖のある人もいます。歯を噛みしめていることに気づいたら、上の歯と下の歯の間に舌を入れるようにします。口は閉じます。こうやって、気づく度に舌を歯と歯の間に入れるようにしましょう。これだけでもかなりの効果があります。

5.寝る前に温かいタオルを

寝る前に温めたタオルを口や顎にあてて、顎や口をリラックスさせます。顎に力は入っていませんか?

【歯軋り対策グッズ比較】

歯軋り用マウスピース一覧
歯軋りグッズ一覧。それぞれの特徴と選び方について解説しています。

歯軋り用マウスピース
歯軋りグッズ一覧。あなたにあったものを選んで下さい。

基礎知識
実は殆どの人がしていることだってしってました?

原因について
原因について。意外なことが原因になっているのかも・・・。

歯軋りの予防方法
予防するにはどんなことをしたらいいのでしょうか?

対策と治し方
予防方法を勉強したら、今度は治し方にいきましょう。

症状
その他の病気や症状などについても。