歯軋り対策講座
歯軋り対策講座 > 歯軋りの予防 > 歯軋りを予防するための入浴方法

歯軋りを予防するための入浴方法

歯軋りを予防する3つの方法の中で1つ目に入浴を挙げました。そこでは詳しくご紹介できなかった内容について今回ご紹介してゆきたいと思います。

寝る1時間前から2時間前に入浴することは体をリラックスさせ、歯軋りの原因の1つでもあるストレスを緩和させることにつながります。

入浴といっても単純にお風呂に入るだけではありません。効果的な温度は38度から40度程度。あまりにもお風呂の温度が高くなると今度は眠れなくなります。

寝る1時間から2時間前にお風呂に入るのも意味があります。

人は体温が下がってくると眠くなるという特徴があります。そのため、まずはぬるま湯につかって体温を少しだけあげておきます。そしてその体温がお風呂からあがって下がってくる1時間後か2時間後に眠気がやってくるというわけです。

また、お風呂に入ることは体をリラックスさせる効果もありますから、そういった意味でも歯軋りの予防になるといえます。

【歯軋り対策グッズ比較】

歯軋り用マウスピース一覧
歯軋りグッズ一覧。それぞれの特徴と選び方について解説しています。

歯軋り用マウスピース
歯軋りグッズ一覧。あなたにあったものを選んで下さい。

基礎知識
実は殆どの人がしていることだってしってました?

原因について
原因について。意外なことが原因になっているのかも・・・。

歯軋りの予防方法
予防するにはどんなことをしたらいいのでしょうか?

対策と治し方
予防方法を勉強したら、今度は治し方にいきましょう。

症状
その他の病気や症状などについても。