歯軋り対策講座
歯軋り対策講座 > 歯軋りの予防 > 歯軋りの予防方法とは

歯軋りの予防方法とは

歯軋りに予防方法はあるのでしょうか?歯軋りは殆どの人がしているという調査結果もあります。それだけよくあることと考えていいでしょう。

歯軋りのする人の場合、夜の歯軋りが問題だと考えてしまいがちですが、実は日中から歯軋りをしていたり、歯を食いしばっていたりすることが多いものです。

日中から歯を食いしばっていたり、歯を擦り合わせるような(歯軋り)をしているかどうか、まずは何日間かご自分で観察してみることです。

人は何もしていないとき、口を閉じている時でも上の歯と下の歯は合わせてはいません。私はいつも歯はあわせているよ、という方はそれ自体が歯軋りの原因になっているのかも知れません。

ですので、歯軋りの予防第一歩としては、日中から歯と歯をあわせないようにすることです。歯が合わさったな・・・と思ったら一度口の中や顔をリラックスさせましょう。深呼吸をしてこう自分に言い聞かせます。

口は閉じて、歯と歯の間は空間を空ける

これを繰り返すだけで歯軋りが改善されるパターンもありますので是非試してみて下さい。

【歯軋り対策グッズ比較】

歯軋り用マウスピース一覧
歯軋りグッズ一覧。それぞれの特徴と選び方について解説しています。

歯軋り用マウスピース
歯軋りグッズ一覧。あなたにあったものを選んで下さい。

基礎知識
実は殆どの人がしていることだってしってました?

原因について
原因について。意外なことが原因になっているのかも・・・。

歯軋りの予防方法
予防するにはどんなことをしたらいいのでしょうか?

対策と治し方
予防方法を勉強したら、今度は治し方にいきましょう。

症状
その他の病気や症状などについても。